Daily Archives

5 Articles

◯ News/Blog

チームで取り組むとやる気やモチベーションアップにつながる。代々木上原パーソナルジム

Posted by factorygym on

チームで取り組むとやる気やモチベーションアップにつながる。

みなさんが経験としても感じているように、チームとしての取り組みはやる気やモチベーションアップを向上させることが実証されています。

チームの一員と思えるようになると
やる気が格段に向上する研究結果もあります。

ひとりで、個別に取り組んでいるよりも
目標に向かって、チームの一因となって物事に取り組むことの方が
格段にパフォーマンスが上がります。

やる気や、モチベーションだけでなく、
責任感、向上心なども生まれることがわかっています。
集団で行うスポーツの団結力なども、このひとつとされます。

ひとりでのジムトレーニングや筋トレは、
個人のやる気とモチベーションが必要になりますが
なかなか一人では、続かないのが実情です。

パーソナルトレーニングは、
トレーナーと一緒にチームを組み
本人個別の目標に向かっていけるので
個人のやる気やモチベーションが高まり
シェイプアップ効果、メタボ改善効果が倍増します。

仲間がいる、チームがいるというだけで怠けづらかったり
つまづいたときに相談ができたり
辛い時に助けてもらえたり
さまざまなメリットがあります。

◯ News/Blog

健康的なダイエット!代々木上原パーソナルジム

Posted by factorygym on

健康的なダイエット:適切な体重管理で、健康づくりをしよう!

食生活や生活習慣が多様化した現在では、過食や運動不足による「肥満」や「メタボリックシンドローム」がある一方で、不健康なダイエットなどによる「やせ」も社会問題となっています。楽しく健康でいきいきと過ごすためには、適切な体重の認識と体重管理が大切です。

40歳~74歳の男性で、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)が強く疑われる者は約3割、その予備群と考えられる者もあわせると、2人に1人が該当すると、「平成28年国民健康・栄養調査」により報告されています[1]。平成20年度から、メタボリックシンドロームに着目した新しい健診(特定健康診査)と、その後の生活習慣の改善を狙った保健指導(特定保健指導)が導入されています。特定健康診査を受診した約2000万人のデータを用いた分析では、特定保健指導を受けることでメタボの改善につながることが報告されていますが、国全体での実施率は、国が掲げる目標値を未だ達成できていません。

特定健康診査・特定保健指導では、主に内臓脂肪の蓄積に着目し、健診によってリスクの数に応じて保健指導対象者を抽出し、生活習慣改善を目的とした保健指導を行っています。対象者の抽出では、1)腹囲とBody mass index(BMI)で内臓脂肪蓄積のリスクを判定し、2)追加リスクの数(血圧高値・脂質異常・血糖高値・喫煙歴あり)の判定を行い、保健指導の対象者とそのレベルを選定します。例えば、40~65歳男性で、腹囲が85cm以上あり、追加リスクが2つ以上の場合は「積極的支援レベル」の対象となります。特定保健指導では、初回面接に対象者が自らの健康リスクを自覚し、生活習慣変容にむけてのやる気を高め、主体的に行動目標を設定できるよう、医師・管理栄養士・保健師等が支援を行います。その後、3ヶ月以上の継続的な支援が実施され、減量と検査値の異常の改善を目指します。初回面接時に、「自分のこととして、危機感を感じ」、取り組みの途中に「良い効果を実感できる」と、減量は成功しやすいと考えられています。しかし、生活習慣を変えることは簡単ではありません。小さな目標の成功体験を積み上げて、大きな目標の達成を目指すことが大切です。

こうした取り組みも重要ですが、若いうちから、将来メタボにならないよう生活習慣に気をつけることも重要です。「平成23年国民健康・栄養調査」によると、メタボの予防・改善のための取り組みは、体形などが気になる壮年期以降の人に多く、20歳代男性では「実践していない」と回答した人が約6割と、40歳以上に比べて多いことが報告されました[1]。若い頃からの積み重ねが、将来の健康リスクにつながるため、若い世代への働きかけが、より一層重要であることがわかりました。

さらに、女性では、特に若い世代の「やせ(低体重)」が問題視されています。「平成29年国民健康・栄養調査」では、肥満度(BMI)が18.5未満の人は、20歳代では約2割と、多いことが示されています[1]。若い女性のやせの問題は、卵巣機能の低下や低出生体重児を出産するリスクだけでなく、高齢期における運動器の障害(ロコモティブシンドローム:通称「ロコモ」)や虚弱(フレイル)のリスクを高めます。高齢期のロコモやフレイルは、要介護の原因にもなるためその予防が重要です。

このように、若い頃の生活習慣が、将来のメタボやロコモに影響するので、そうならないように食生活や運動習慣を見直しましょう。

適切なダイエットや体重コントロールは、まず自分にとってそれが本当に必要かどうか診断することから始めましょう。体重管理の目標とするBMIは、年齢によって異なりますが、適正な範囲にある場合(18~49歳:18.5~24.9、50~69歳:20.0~24.9、70歳以上:21.5~24.9)は、食事の量を大きく変える必要はありません。しかし、その範囲であっても、腹囲が基準を超えていたり、血圧や血糖が高めであったり、体力や気力が以前より減ったと感じる方は、食事の内容や生活の質を見直しましょう。

「特に、何も気になるところはない」という人でも、食事記録をつけてみると良いでしょう。「何から始めたらよいか、わからない」という人にも、記録はお勧めです。いつ、どんなときに、どのようなものを食べて、どのように感じたかがわかり、課題や改善点を可視化できます。

また、減量に取り組む人は、特定の食品を抜いたり、極端に食事量を減らすのではなく、主食・主菜・副菜のそろった食事を基本にバランスを整え、調理法や菓子・アルコールなどのとり方を見直してみましょう。3~4%の緩やかな減量でも、検査値の異常は改善するといわれています。まずは、小さな一歩を踏み出し、手ごたえを感じながら続けてください。

 

女子栄養大学 栄養学部 食生態学研究室 准教授 林 芙美

情報元:厚生労働省e-ヘルスネット

◯ News/Blog

お昼寝は、脳を活性化させる!代々木上原パーソナルジム

Posted by factorygym on

睡眠時間を十分に取ることが、活力を出すのに効果的です。
仕事や生活上の都合、また忙しく睡眠を十分に取れない方もおられると思います。
そういう時は、お昼寝が、効果的です。

昼間が、その後の脳の活性化を高め、元気や作業能率の改善をにつながります。
ただし、30分以上の昼寝は効果が落ちるとされています。
睡眠不足の時は、30分以内の昼寝をして、活力を回復させましょう!

 

◯ News/Blog

ストレッチの重要性!代々木上原パーソナルジム

Posted by factorygym on

ストレッチの重要性

ストレッチとは、筋や関節を伸ばす運動でカラダの柔軟性を高めるのに効果的です。美しい姿勢の維持やリラックス効果もわかってきました。

ヨガやピラティスのエクササイズやタイ古式マッサージなども、柔軟性を高めるのに効果がありこのストレッチという概念の範囲に含まれます。

柔軟性はカラダの柔らかさを表す体力のひとつです。柔軟性は関節可動範囲や前屈などで計れます。

ストレッチにより柔軟性が増す理由は、
筋の伸張反射の感受性が低下することと
筋や靱帯の弾性が変化を起こすことです。
体温を高める効果もあります。

ストレッチには、リラックスの効果があることがわかってきました。
ストレッチで脳波や自律神経活動を調べてみると
アルファ波が増加し
心拍数を低下します。
つまり自律神経が
副交感神経活動をより強くしてリラックス効果をもたらせます。

習慣的なストレッチをすることは、
有酸素性運動や筋トレのような運動とまではいきませんが、
毎日自宅でもできる、辛くないエクササイズとなり
リラックス効果も期待できますので
ジムには、通う時間がない方は、
まずはストレッチだけでもはじめてみてください。
気持ちの変化や、体の変化が起きてきます。

ストレッチだけでは、
メタボ改善やシェイプアップには、繋がりませんが、
ストレッチを習慣化することで、
運動の苦手な人も、運動嫌いな人も、運動初心者も
カラダを動かす習慣を身につけられます。

そして、
時間が取れる方は、ジムなどに通い
有酸素性運動や筋トレをすることで
目的に応じたカラダづくりをしていきましょう。
メタボ改善、シェイプアップなどの効果は高くなります。

◯ News/Blog

目の疲れは、やる気が落ちる。代々木上原パーソナルジム

Posted by factorygym on

目の疲れは、やる気が落ちる。

目が疲れると、やる気が落ちることがわかってきています。現代人は、スマホ、テレビ、パソコン、ゲーム、マンガなど、耐えず目が疲れることをしています。
眼精疲労で起こる様々な症状は、
・視力低下
・目が乾く
・充血する
・肩こり
・頭痛
・イライラ
・不安感
・やる気がなくなる

友だちとカフェで話したり、もちろんディズニーランドに出かけたり、趣味などのコミュニティーに参加したり、人との会話などコミュニケーションをすることは解決策のひとつです。またも景色を見に出かけたり、神社に出かけたりする心を活性することも解決策のひとつです。

トレーニングで体を動かすことも良いですね。
パーソナルトレーニングは、トレーナーとのコミュニケーションもとれるので、とてもやる気を引き出すことに効果的です。

 

テキストのコピーはできません。