健康に良い食生活とは!代々木上原パーソナルジム


健康に良い食生活とは!

栄養のバランスがとれた食事を、腹一杯ではなく、ゆっくりと噛んで、1日3回食事をすること。
1日3回食べることはエネルギーや栄養素だけでなく、生活リズムも整えます。

健康のためには食事エネルギーと1日の消費エネルギーのバランスが必要となります。
消費エネルギーが少なく、摂取エネルギーが多ければ、余ったエネルギーは体脂肪となり肥満傾向になります。

摂取エネルギーが少なく、消費エネルギーが多い場合には体重は減ります。健康的な体重減少であれば問題ありませんが、極端なダイエット食事療法は、栄養素がちゃんと補えないので、健康を害する可能性もあります。低栄養状態になるリスクが高まりますので注意が必要です。
できれば、食事は1日3回とるようにします。エネルギー量は朝3昼4夜3の割合にするのが効率的です。
夕食の量が多かったり、就寝前の食事は肥満を引き起こします。

事と食事の間隔が空きすぎてしまうと、一食に多く摂取してしまうことが多いので注意してください。また朝食を抜くと、体はエネルギーを使わないようになってしまうので注意してください。

1日3食食事をしていても、偏った食事では、ビタミンやミネラル、必須アミノ酸、たんぱく質などの不足で栄養素が欠乏してし舞う場合があります。3食の食事は、主食、主菜、副菜2品、汁物と和食スタイルにすると栄養がバランスよく取りやすくなります。

 

体験
テキストのコピーはできません。