千代田線パーソナルジム。40歳超えても元気でいこう!


40代は体力や気力が衰えていく年代です。

階段がつらい。すぐ息切れするなど、

40歳ぐらいから体がついてこなくなるようです。

20代は、単に筋トレしても結果は出やすくなります。

30代は、単に筋トレするだけでは結果につながりにくくなります。

40代以上は、よく考えないと結果につながらないばかりでなく、

体を痛めてしまいます。

 

年齢に見合ったトレーニング

それまでの体力筋力の不足の蓄積、慢性的な疲れなどが

衰えにつながっていくので、疲れない体づくりが必要になってきます。

 

●疲れを知らないカラダを作る

体幹トレーニングで姿勢を整える

背筋がまっすぐにぴんと伸びた姿勢。

背筋を伸ばしたままは疲れるのではと思われがちですが、

正しい姿勢でいると、長時間同じ姿勢でも疲れません。

姿勢が悪いと、体のバランスが悪くなり体に余計な負担がかかって疲れます。

 

●10分の軽い運動

なにもしてないのに疲れたなと感じたり、だるい時があります。

そんな時は、軽く体を動かす。軽くランニングすることで、

心身ともにリフレッシュさせて疲れをとりましょう。

軽く汗をかくことは、

体内の疲労物質などを体外に出したり

代謝をよくするので

疲れが取れリフレッシュします。

毎日運動しなければと考えると逆にストレスになるので

気が向いたときに運動することを意識する。

それでも、リフレッシュになります。

 

●食べ物も代謝を上げてくれる

代謝を上げる食べ物は、

・身体を冷やさない

・脂肪を燃焼させやすくする

・筋肉のはたらきを強く柔軟にする

食べ物のことで

アミノ酸、ビタミンB群、カリウム、ヨウ素などを多く含みます。

・アミノ酸を多く含む。卵、レバー、牛乳、チーズ など

・ビタミンB群を多く含む。豚肉、うなぎ、青魚、玄米、納豆 など

・カリウムを多く含む。納豆、みそ、豆腐 など

・ヨウ素を多く含む。コンブ、ワカメ、ハマグリ、青魚 など

・体を温める。生姜、根菜類、ブロッコリー、など

 

40代になると、代謝が少しづつ落ちてきます。

普段から、代謝を上げる食べ物をうまく取り入れることで

疲れない体づくりを助けてくれます。

 

●下半身の筋肉と柔軟性を高める

つまずきやすくなった。

ズボンをはこうと思ったら転んでしまった。など、

普段の行動に変化を感じる頃だと思います。

運動不足もありますが、

柔軟性が低下していることが原因のことが多いです。

下半身の筋肉に柔軟性をつけることで安定感がよくなり、

可動範囲が広がり歩行が軽快になります。

40歳を過ぎたら、

筋トレよりも必要ですが

ストレッチの時間も、もっと増やすようにしましょう。

足腰の柔軟性を高めるストレッチは、

ケガの予防、リラックス効果も期待でき身体をサポートしてくれます。

40歳を過ぎると、無理がきかなくなります。

だからこそ、40歳を過ぎたら疲れない体づくりを考えて

単に筋トレをするだけでなく

適切なトレーニングをしてください。

もちろん20代、30代から

日常的に運動をしてカラダを作っている人は、

年齢を重ねても、疲れないカラダを保てることができます。

いつまでも美しく健康でいられますように!

HOME

体験
テキストのコピーはできません。