代々木上原「大勝軒」


代々木上原「大勝軒」

行ってみると、よくある中華定食屋さんのようだけど、

50年もの歴史がある代々木上原「大勝軒」。

 

大勝軒という名前は、

「つけ麺考案者」で有名な山岸一雄と従兄弟が

昭和9年に創業したラーメン店の名前。

 

その後、義兄弟は独立して代々木上原に店を出し二人は分かれた。

 

山岸一雄は東池袋に大勝軒を展開、

その味を継ぐ系統はいまでも全国に広がっている。

http://www.tai-sho-ken.com/shoplist/index.html

 

従兄弟の代々木上原の大勝軒は、

東池袋系統の大勝軒とは違う和風のだし「つけ麺」で味はまったく違う。

こっちも独自でのれん分け展開をしている。

http://www.taishoken.co.jp/syoukai/norenkai/meibo.html

 

ここ代々木上原では、つけ麺をすごくアピールしているわけではない。

いや、そう見えるだけで、実はアピールしているのかも。

最近は、夜の中華定食が安いデス。

 

 

体験
テキストのコピーはできません。