筋トレで免疫力をアップさせよう!代々木上原パーソナルトレーニングジム


筋トレや運動を行う目的は、ダイエットやシェイプアップ、健康維持、身体機能改善、柔軟性アップ、筋力アップなどさまざまですが、身体の代謝を上げ免疫力を上げ疾病に対する予防や軽症で済むことにも効果を発揮します。

筋トレをすることで筋肉量が増えるので、代謝が上がり体温が上がり身体の免疫力は高まります。ただ、普段から筋トレや運動などをあまりしていないのに急に激しい筋トレをすると、逆に免疫力を低下させてしまいますので気をつけてください。ファクトリーでは、ご自分の体調体力に合わせた筋トレで運動習慣を身に付けていただき、短期的ではなく永続的に免疫力を高めていくことを推奨しています。

「体温が低い」「平熱が低い」と感じている方は多いのではないでしょうか。体温が低いままだと、免疫力が低下して、風邪やインフルエンザなどの病気にかかりやすくなります。体温が低くなる原因には、筋肉量の低下、ホルモンバランスの乱れ、ストレスや自律神経の乱れなどが考えられます。体温が一度上がると免疫力は5倍から6倍にアップすると言われております。平熱の体温の低下の大きな原因は運動不足による筋肉量の減少です。筋肉量のアップ(維持)のためにも運動習慣は必要不可欠です。運動により血流を促進、代謝の歯車を回すことで免疫システムを活性化させます。

また、睡眠が不足すると自律神経のバランスが崩れ、疲労が蓄積されます。疲労が溜まると、代謝が円滑に行われず、免疫システムもうまく働きづらくなります。質の良い睡眠にも運動が必要です。また運動自体が自律神経を整える働きもあります。

運動や筋トレは、脳・神経機能を刺激します。その結果、自律神経系、内分泌が活発になり、免疫力機能も増大し、健康を増進させることになり自然治癒力を高めます。日頃から運動を習慣にすることが、さまざまな疾病に対する予防や軽い症状で済むという効果が期待できます。

体験
テキストのコピーはできません。