渋谷 パーソナルジムWEB美術館,アンリ・ルソー,Rendezvous in the Forest


世界のアート
「一枚の絵は、千の言葉に値する」

Rendezvous in the Forest
1889

Henri Rousseau
アンリ・ルソー
French, 1844 – 1910

アンリ・ルソーは、高校中から5年間の軍役を経て、税関の職員となり22年ほど勤務中には日曜画家。50代で退職して年金生活の「画家」となる。ルソーの人物は、正面向きか横向きで形は似ている。風景には遠近感がないものが多く、樹木や花は葉の1枚1枚が精密に描かれている。この作品は光と影で遠近感を出している珍しい作品。また熱帯のジャングルを舞台にしたものが多数あるが、パリの植物園でのインスピレーション・スケッチで、幻想的でエキゾチック風景を作り上げた。ルソーは、自然以外に教師はいないと主張し、本質的には独学であり、素朴なまたは原始的な画家であると考えられています。ヘタウマの元祖ともいわれているがルソーはうまい。ピカソにも大きな影響を与えた。

心も豊かに、身体も健康に!
ライフスタイル・パーソナルジム
東京都渋谷区パーソナルジムFACTORY 

体験
テキストのコピーはできません。