「ゴッホ」1 “Self-Portrait” 渋谷 パーソナルジムWEB美術館


世界のアート
「一枚の絵は、千の言葉に値する」

Self-Portrait
1887

Vincent van Gogh
Dutch, 1853-1890

ヴィンセントヴァンゴッホの画家としての激動のキャリアの中で、彼は誇張された形、鮮やかなカラーパレット、大胆な絵の具の取り扱いを特徴とする革新的なスタイルを生み出しました。彼は1890年に亡くなるまでの5年間だけ積極的に芸術を追求しましたが、彼の影響は彼の作品を通して生き続けています。
1886年、ゴッホは生まれ故郷のオランダを離れ、パリに定住しました。彼がパリで過ごした2年間で、ゴッホは20以上の自画像を描きました。
パリの都会の生活に疲れ果てたヴァンゴッホは、1888年にアルルの町に移りました。ここで、精神病の発作を数回経験し聖パウロに入院しました。そこで彼は敷地と彼の周りの町をスケッチして描いていました。
ゴッホは人生の最後の数か月を、パリの北にある小さな町、オーヴェルシュルオワーズで過ごしました。ここでは、彼は町と彼の周りの人々、風景、家、そして花を描き続けました。

心も豊かに、身体も健康に!
ライフスタイル・パーソナルジム
東京都渋谷区パーソナルジムFACTORY 

体験
テキストのコピーはできません。