Monthly Archives

33 Articles

◯ factory美術館

渋谷 パーソナルジムWEB美術館「Odilon Redon. 10」

Posted by factorygym on

世界のアート
「一枚の絵は、千の言葉に値する」

The Chariot of Apollo
1905
1900年頃から、色を使った作品を積極的に始めました。太陽の神話に登場する馬など、新たな題材も模索しています。この絵の太陽の馬は、光の神アポロや、馬の舵を取ろうとしている少年ファエトンに操られています。地上の表示を一切省略し、馬と戦車が無限の空を駆け抜けているような作風です。

オディロン・ルドン
Odilon Redon (French)
1840-1916

 

心も豊かに、身体も健康に!
ライフスタイル・パーソナルジム
東京都渋谷区パーソナルジムFACTORY 

◯ factory美術館

渋谷 パーソナルジムWEB美術館「Odilon Redon. 8」

Posted by factorygym on

世界のアート
「一枚の絵は、千の言葉に値する」

Study of Man between Trees
1860–80
V字型の木、左の切り株、前景の小さな植物が、構図全体に形式的な響きを見いだすことができる。V字型の木と切り株に囲まれた人物は、この絵に哀愁の空気を与えている。象徴主義の画家にとって木は常に重要なモチーフであり、特に彼が幼少期を過ごしたフランス南西部のメドック地方に関連したものである。遠くに船があることから、このシーンのインスピレーションは海岸の景色が源になったとされます。

オディロン・ルドン
Odilon Redon (French)
1840-1916

 

心も豊かに、身体も健康に!
ライフスタイル・パーソナルジム
東京都渋谷区パーソナルジムFACTORY 

◯ factory美術館

渋谷 パーソナルジムWEB美術館「Odilon Redon. 5」

Posted by factorygym on

世界のアート
「一枚の絵は、千の言葉に値する」

Etruscan Vase with Flowers

1900–1910

花束はヤシの葉と想像上の花を、青と黄土色の幻想的な配色で組み合わせている。タイトルからはエトルリアの花器であることがわかるが、地中海地方の古代の陶器を模倣した陶器とされています。

オディロン・ルドン
Odilon Redon (French)
1840-1916

 

心も豊かに、身体も健康に!
ライフスタイル・パーソナルジム
東京都渋谷区パーソナルジムFACTORY 

◯ factory美術館

渋谷 パーソナルジムWEB美術館「Odilon Redon. 4」

Posted by factorygym on

世界のアート
「一枚の絵は、千の言葉に値する」

Armor
1891

オディロン・ルドン
Odilon Redon (French)
1840-1916
被り物をかぶった女性の横顔を描いたこの幻想的な絵は、木炭画である。兜のような被り物に覆われ、そのとげのある針に触れることができないことで妙に無言になっているモデルの奇妙な束縛は、女性の性に対する無意識的な恐怖を表現しているか、逆に女性の豊穣の象徴ではないかと考えられています。レドンの木炭の名人であり、被り物のビロードのようなダークな質感から女性の肌の柔らかさまで、その色調の全範囲を捉えています。

 

渋谷 パーソナルジムWEB美術館「Odilon Redon.」

心も豊かに、身体も健康に!
ライフスタイル・パーソナルジム
東京都渋谷区パーソナルジムFACTORY 

◯ factory美術館

渋谷 パーソナルジムWEB美術館「Odilon Redon. 3」

Posted by factorygym on

世界のアート
「一枚の絵は、千の言葉に値する」

Madame Arthur Fontaine
1901

オディロン・ルドン
Odilon Redon (French)
1840-1916
マリー・エスクディエ・フォンテーヌは、パリの裕福な実業家の妻であり、その友人には、アンドレ・ギド、クロード・ドビュッシー、ヴュイヤールなどの作家、音楽家、芸術家が名を連ねており、彼女の肖像画を2度描いている。1901年9月、フランス南西海岸の海辺のリゾート地サン・ジョルジュ・ド・ディドンヌにフォンテーヌ夫妻が訪れた際に、ルドンはこの肖像画を描いています。

 

渋谷 パーソナルジムWEB美術館「Odilon Redon.」

心も豊かに、身体も健康に!
ライフスタイル・パーソナルジム
東京都渋谷区パーソナルジムFACTORY 

◯ factory美術館

渋谷 パーソナルジムWEB美術館「Odilon Redon. 2」

Posted by factorygym on

世界のアート
「一枚の絵は、千の言葉に値する」

Bouquet of Flowers
1900–1905

オディロン・ルドン
Odilon Redon (French)
1840-1916
ルドンは、ダーウィン生物学に魅せられ、故郷ボルドーの植物園の学芸員アルマン・クラヴォーと親交を深めた。この作品のような花の静物画では、彼は自然主義者としての感覚と豊かな想像力を発揮し、さまざまな種類の花や葉を組み合わせて、はためく蝶々を従えて爽やかに表現しています。(花瓶は、1900年頃の陶芸家マリー・ボトキ)

 

渋谷 パーソナルジムWEB美術館「Odilon Redon.」

心も豊かに、身体も健康に!
ライフスタイル・パーソナルジム
東京都渋谷区パーソナルジムFACTORY 

◯ factory美術館

渋谷 パーソナルジムWEB美術館「Odilon Redon. 1」

Posted by factorygym on

世界のアート
「一枚の絵は、千の言葉に値する」

Pandora
1914
ルドンは、1908年から1914年にかけて古典神話の美女を繰り返し描いていますが、その中には、神ヴァルカンによってファッションされ、木星によって地球に送られたパンドラが含まれています。ここでは、エデンの園のイヴのように、完全な無垢の状態で花に囲まれた裸体が描かれています。伝説によると、パンドラが腕に抱えられた箱を開けたとき、彼女は人類を苦しめるすべての悪を解き放ち、牧歌的な黄金時代を終わらせたという。このようなイメージは、第一次世界大戦が近づくにつれ、レドンと彼の仲間たちにとって特別な響きを持っていたのかもしれません。

…………………

オディロン・ルドン
Odilon Redon (French)
1840-1916
フランスの象徴主義の画家、版画家、製図家、パステリスト。
ルドンの作品は「悪夢と夢の合成」といわれている面がある。 ルドンは、内面的な感情や精神の探究を表し、目に見えるものの論理を、目に見えないもののために働かせるとしているとし次のようにも述べている。
「私はしばしば、運動として、また栄養補給として、ある物体の前に、その視覚的外観の小さな事柄に至るまで絵を描く、そして次の日、私はもう一つの源である想像力を、形の記憶の中に走らせる。私のドローイングはインスピレーションを与えるものであり,定義されるべきものではない」自分の作品を曖昧で定義できないものとしています。初期には、木炭とリトグラフを用いたノワールと呼ばれる作品を制作。1890年代にはパステルや油絵を描くようになる。

 

渋谷 パーソナルジムWEB美術館「Odilon Redon.」

心も豊かに、身体も健康に!
ライフスタイル・パーソナルジム
東京都渋谷区パーソナルジムFACTORY 

テキストのコピーはできません。