FACTORYWEB美術館「ポール・ゴーギャン 」4


世界のアート
「一枚の絵は、千の言葉に値する」

No te aha oe riri (Why Are You Angry?)
1896

Paul Gauguin
1848-1903

タヒチに戻ったポール・ゴーギャンは、すぐに体調不良と財政難に悩まされました。それにもかかわらず、1896年から97年にかけて、彼は通常の作品よりも大きなサイズの印象的なキャンバスの絵画を描きました。この作品では、主要人物がより大きくなり、お互いに距離を置き、その姿勢や性格を解釈するのが難しくなっています。問いかけるようなタイトルは、見る者に何かを求めるように促していますが、イメージは読解も拒んでいます。

 

心も豊かに、身体も健康に!
ライフスタイル・パーソナルジム
東京都渋谷区パーソナルジムFACTORY 

体験
テキストのコピーはできません。