FACTORYWEB美術館「ポール・ゴーギャン 」4


世界のアート
「一枚の絵は、千の言葉に値する」

Merahi metua no Tehamana
1893

Paul Gauguin
1848-1903

ポール・ゴーギャンは、芸術のインスピレーションを求めて、フランスの田舎や海外を旅しました。元株式仲買人のゴーギャンは、フランスのブルターニュ地方とプロヴァンス地方、パナマとマルティニーク、そして最後に南太平洋のタヒチとマルケサス地方を旅しました。ゴーギャンの若いタヒチ人の恋人テハマナのこの肖像画は、ゴーギャンが島を離れる直前に描かれたもので、おそらく別れを意味しているのでしょう。精巧な衣装を身にまとい、髪をフラワーで飾り、古代の宮殿や寺院の壁に描かれたフリーズを思わせる神秘的な背景の前に座っているTehamana。彼女の腰の横には、豊穣の象徴である熟したマンゴーが2つ置かれています。彼女は美の象徴である扇子を、同じように正面から見た女神の姿に向けて指しています。扇子、花束、果実、そしてテハマナの視線は、この二人の人物の間にある強い謎めいた絆だけでなく、現在と過去、肉体と精神、生者と死者の間のつながりをも示唆しています。

 

心も豊かに、身体も健康に!
ライフスタイル・パーソナルジム
東京都渋谷区パーソナルジムFACTORY 

体験
テキストのコピーはできません。