FACTORYWEB美術館「ポール・ゴーギャン 」5


世界のアート
「一枚の絵は、千の言葉に値する」

Te raau rahi (The Big Tree)
1891

Paul Gauguin
1848-1903

1891年6月にタヒチに到着したポール・ゴーギャンは、現地の植物を観察し、理解することに熱心でした。この絵のタイトルにもなっている大きな木は、左のホツの木です。右側にはバナナの葉に隠れて熱帯のアーモンドの木がそびえ立ち、右端には赤花を咲かせるハイビスカスの低木があります。手前にはブレッドフルーツの葉が点在している。地形を超越した曲線を中心とした装飾性の高い構図の中に、夢のような高揚感のある色彩がちりばめられています。

 

心も豊かに、身体も健康に!
ライフスタイル・パーソナルジム
東京都渋谷区パーソナルジムFACTORY 

体験
テキストのコピーはできません。