FACTORYWEB美術館「ポール・ゴーギャン 」7


世界のアート
「一枚の絵は、千の言葉に値する」

ahana no atua (Day of the God)
1884

Paul Gauguin
1848-1903

神の日は、ポール・ゴーギャンが南太平洋に滞在する間にフランスで制作したタヒチ人を題材にした数少ない絵画の一つです。南洋の現実的な描写というよりは想像上の描写であり、女神ヒナの偶像に支配されています。その右側では女性たちがウパパを踊っていますが、これは古代タヒチの踊りです。ピンクの砂地の中央には女性の入浴者が座っており、その脇には性別が曖昧な人物が横たわっている。このトリオの配置は、誕生、生、死を象徴しているように見えますが、ゴーギャンはその正確な意味を謎にしています。

 

心も豊かに、身体も健康に!
ライフスタイル・パーソナルジム
東京都渋谷区パーソナルジムFACTORY 

体験
テキストのコピーはできません。