Daily Archives

One Article

◯ factory美術館

渋谷 パーソナルジムWEB美術館「Odilon Redon. 1」

Posted by factorygym on

世界のアート
「一枚の絵は、千の言葉に値する」

Pandora
1914
ルドンは、1908年から1914年にかけて古典神話の美女を繰り返し描いていますが、その中には、神ヴァルカンによってファッションされ、木星によって地球に送られたパンドラが含まれています。ここでは、エデンの園のイヴのように、完全な無垢の状態で花に囲まれた裸体が描かれています。伝説によると、パンドラが腕に抱えられた箱を開けたとき、彼女は人類を苦しめるすべての悪を解き放ち、牧歌的な黄金時代を終わらせたという。このようなイメージは、第一次世界大戦が近づくにつれ、レドンと彼の仲間たちにとって特別な響きを持っていたのかもしれません。

…………………

オディロン・ルドン
Odilon Redon (French)
1840-1916
フランスの象徴主義の画家、版画家、製図家、パステリスト。
ルドンの作品は「悪夢と夢の合成」といわれている面がある。 ルドンは、内面的な感情や精神の探究を表し、目に見えるものの論理を、目に見えないもののために働かせるとしているとし次のようにも述べている。
「私はしばしば、運動として、また栄養補給として、ある物体の前に、その視覚的外観の小さな事柄に至るまで絵を描く、そして次の日、私はもう一つの源である想像力を、形の記憶の中に走らせる。私のドローイングはインスピレーションを与えるものであり,定義されるべきものではない」自分の作品を曖昧で定義できないものとしています。初期には、木炭とリトグラフを用いたノワールと呼ばれる作品を制作。1890年代にはパステルや油絵を描くようになる。

 

渋谷 パーソナルジムWEB美術館「Odilon Redon.」

心も豊かに、身体も健康に!
ライフスタイル・パーソナルジム
東京都渋谷区パーソナルジムFACTORY 

体験
テキストのコピーはできません。