渋谷 パーソナルジムWEB美術館「Odilon Redon. 4」


世界のアート
「一枚の絵は、千の言葉に値する」

Armor
1891

オディロン・ルドン
Odilon Redon (French)
1840-1916
被り物をかぶった女性の横顔を描いたこの幻想的な絵は、木炭画である。兜のような被り物に覆われ、そのとげのある針に触れることができないことで妙に無言になっているモデルの奇妙な束縛は、女性の性に対する無意識的な恐怖を表現しているか、逆に女性の豊穣の象徴ではないかと考えられています。レドンの木炭の名人であり、被り物のビロードのようなダークな質感から女性の肌の柔らかさまで、その色調の全範囲を捉えています。

 

渋谷 パーソナルジムWEB美術館「Odilon Redon.」

心も豊かに、身体も健康に!
ライフスタイル・パーソナルジム
東京都渋谷区パーソナルジムFACTORY 

テキストのコピーはできません。