渋谷 パーソナルジムWEB美術館「Odilon Redon. 8」


世界のアート
「一枚の絵は、千の言葉に値する」

Study of Man between Trees
1860–80
V字型の木、左の切り株、前景の小さな植物が、構図全体に形式的な響きを見いだすことができる。V字型の木と切り株に囲まれた人物は、この絵に哀愁の空気を与えている。象徴主義の画家にとって木は常に重要なモチーフであり、特に彼が幼少期を過ごしたフランス南西部のメドック地方に関連したものである。遠くに船があることから、このシーンのインスピレーションは海岸の景色が源になったとされます。

オディロン・ルドン
Odilon Redon (French)
1840-1916

 

心も豊かに、身体も健康に!
ライフスタイル・パーソナルジム
東京都渋谷区パーソナルジムFACTORY 

テキストのコピーはできません。