渋谷 パーソナルジムWEB美術館「Odilon Redon. 10」


世界のアート
「一枚の絵は、千の言葉に値する」

The Chariot of Apollo
1905
1900年頃から、色を使った作品を積極的に始めました。太陽の神話に登場する馬など、新たな題材も模索しています。この絵の太陽の馬は、光の神アポロや、馬の舵を取ろうとしている少年ファエトンに操られています。地上の表示を一切省略し、馬と戦車が無限の空を駆け抜けているような作風です。

オディロン・ルドン
Odilon Redon (French)
1840-1916

 

心も豊かに、身体も健康に!
ライフスタイル・パーソナルジム
東京都渋谷区パーソナルジムFACTORY 

テキストのコピーはできません。