パーソナルジムWEB美術館「Gustav Klimt. 1」


世界のアート
「一枚の絵は、千の言葉に値する」

Judith
1901

グスタフ・クリムト
Gustav Klimt (Imperial Austrian)
1862-1918

グスタフ・クリムトは、オーストリアの象徴主義画家であり、ウィーン分離派の最も著名なメンバーの一人です。クリムトは、絵画、壁画、スケッチなどの芸術作品で知られています。クリムトは女性の身体を主な主題とし、率直なエロティシズムを表現しています。 寓話や肖像画などの具象的な作品のほか、風景画も描きました。ウィーン分離派の画家の中で、クリムトは日本の美術とその手法に最も影響を受けていました。芸術家としてのキャリアの初期には、建築装飾を従来の方法で描くことに成功しました。1900年頃に完成したウィーン大学大ホールの天井画は、ポルノ的だと批判され、論争の的となりました。その後、公的な依頼を受けることはなくなりました。黄金期の絵画で新たな成功を収め、その多くは金箔を使用しています。クリムトの作品は、後輩のエゴン・シーレに大きな影響を与えています。

 

心も豊かに、身体も健康に!
ライフスタイル・パーソナルジム
東京都渋谷区パーソナルジムFACTORY 

テキストのコピーはできません。