パーソナルジムWEB美術館「Gustav Klimt. 4」


世界のアート
「一枚の絵は、千の言葉に値する」

Adam und Eva

1916/17

グスタフ・クリムト
Gustav Klimt (Imperial Austrian)
1862-1918

アダムとイブは、クリムトが最初に描いた聖書の絵です。堕落の前、おそらくイヴが創造された瞬間に描かれていると思われます。クリムトのイヴは、同時代人たちからウィーンの美の概念から大きく逸脱していると指摘されています。この旧約聖書のクリムトのイヴは、エキゾチシズムのオーラを放ち、魅力的であると同時に、意図的に怖がらせています。クリムトの女性像は、恐怖心を満足させると同時に、その恐怖心の対象となっている女性像そのものを 褒め称えています。クリムトが人類の母のモデルとして選んだのは、彼の作品には数少ない金髪の純血のアーリア人です。研究によると、クリムトはイヴを背中を向けたポーズを考えたが、顔が見えるように二人の人物を前に向けて配置することにしたと言われています。その結果、アダムは、クリムトの男性像の中でも最も存在感のある人物となりましたが、彼の役柄には強いものはありません。男性は受動的で、女性は活動的で目を覚ましています。伝統的に、夜は女性の力であり、昼は男性の力でしたが、ここでは、軽やかな女性が太陽の光を放つ一方で、夜を連想させるのは男性です。クリムトは、世紀末の固定観念から徐々に脱却して、より広く、よりオリジナリティに富んだ作品を制作していきます。

 

心も豊かに、身体も健康に!
ライフスタイル・パーソナルジム
東京都渋谷区パーソナルジムFACTORY 

テキストのコピーはできません。