パーソナルジムWEB美術館「Gustav Klimt. 8」


世界のアート
「一枚の絵は、千の言葉に値する」

Blühender Mohn

Field of Poppies 1907

グスタフ・クリムト
Gustav Klimt (Imperial Austrian)
1862-1918

この絵は、赤と緑がインパクトのある作品を生み出しています。ガルダ湖の上のマルケシーヌの賑やかなパッチワークと、接吻の花の背景、ストクレット・フリーズのモニュメンタルな要素が、この見事な庭園画の中に 描かれています。このポピーの野原は、クリムトの作品の中でも最も多くある作品のひとつで、その色彩とシンプルさは、多くの人々に受け入れられています。花には象徴的な性質があり、クリムトは様々な場面で花を利用していました。例えば、「死と生」では、「死と生」を表現するために花を使用しています。この作品には、印象派や点描主義の影響が見られ、モネが風景画で達成したように、目が色に満たされています。

 

心も豊かに、身体も健康に!
ライフスタイル・パーソナルジム
東京都渋谷区パーソナルジムFACTORY 

テキストのコピーはできません。