パーソナルジムWEB美術館「Gustav Klimt. 18」


世界のアート
「一枚の絵は、千の言葉に値する」

Beethovenfries: “Die Künste”, “Paradieschor” und “Umarmung” (Tafel 8, rechte Langwand)

1901

グスタフ・クリムト
Gustav Klimt (Imperial Austrian)
1862-1918

第14回ウィーン・セセッシオン派展に向けて、クリムトは1902年にベートーベン・フリーズを完成させました。そのための一時的な作品ではありましたが、保存され、最終的には常設展示のために修復されました。毎年何千人もの来館者が、クリムトの作品の美しさを楽しみにきます。クリムトは、神話的なテーマを用いてフリーズを制作し、人間の幸福と愛への欲望を象徴的に表現しています。また、病気、狂気、死、欲情、欲望、不随意などの感情がこの作品の中で表現されていますが、クリムトは、ピカソの「青」や「紫」の時代、ジャクソン・ポロックの「炎」やエドヴァルド・ムンクの「叫び」と同じように、これらの感情を表現しています。これらの感情表現は多くの芸術運動、特に印象派や表現主義が登場し、成長していった過去2世紀の芸術運動に多く見られます。フリーズは、箱舟、嵐風の巨人タイフォウスとゴルゴンの娘たちによって表現されている弱さや外部の恐怖を克服し、希望への道を示しています。

 

心も豊かに、身体も健康に!
ライフスタイル・パーソナルジム
東京都渋谷区パーソナルジムFACTORY 

テキストのコピーはできません。