パーソナルジムWEB美術館「Gustav Klimt. 19」


世界のアート
「一枚の絵は、千の言葉に値する」

Josef Lewinsky als Carlos in Clavigo

1895

グスタフ・クリムト
Gustav Klimt (Imperial Austrian)
1862-1918

ジョセフ・ルウィンスキーの絵は、有名な俳優がドン・カルロス役でポーズをとっている様子を描いています。ウィーンの美術学校を卒業後、劇場の壁画を依頼されたグスタフ・クリムトが制作しました。この作品には、劇中でのルウィンスキーの重要なキャラクターと役割が描かれています。ドン・カルロスは、36年間演じた役者で、クリムトは、劇場の大きな壁に飾るのに最適な人物だと考えました。クリムトは、この役者の劇場での長い歴史に感銘を受け、彼の存在が劇場を見事に表現していると感じたのです。ルウィンスキーの絵には、両腕を組んで立っている俳優の姿が描かれており、腕を覆う黒くて厚いマントを着ています。俳優の顔に表現されている感情は、俳優が自分の仕事に誇りに思っていることを示しています。この作品の魅力は、壁画の周囲のディテールにもあります。左側では、灰色の下地の上に金色の葉が描かれいます。右側には、2つの仮面を持つ女性が描かれており、これは演劇の背後にある哲学を示しています。俳優の背後にある漆黒の緊張感は、俳優のシルエットに優しく溶け込んでいるため、色の違いがわかりづらくなっていますが、俳優の存在感を表現するために、深みのある配色を用いて俳優が感じている感情を表現しています。

 

 

心も豊かに、身体も健康に!
ライフスタイル・パーソナルジム
東京都渋谷区パーソナルジムFACTORY 

テキストのコピーはできません。