晴れた日、水路の風車


世界のアート
「一枚の絵は、千の言葉に値する」

‘Sunny Day’, a Windmill on a Waterway

Paul Joseph Constantin Gabriël
1828 – 1903

ポール・ガブリエルはアムステルダムで生まれました。彫刻家である彼の父は、彼が5歳のときに亡くなりました。若いポールは、肖像画を描くことで母親が家族を支えるのを手伝いました。アムステルダムのアカデミーで、バレンドコルネリスコエクを含むさまざまな教師と働きました。 1853年から1856年まで、彼はアーネム近くのオーステルベークの村に住みアントン・モーヴやヘラルト・ビルダースなどの仲間のアーティストとともに、彼は自然の描写を主にしています。ガブリエルは、製粉所や湖のある干拓地の風景など、典型的なオランダの主題を描き続けました。ハーグ学校の他の芸術家とは異なり、彼はクリアで鮮やかな色を使用しています。

 

心も豊かに、身体も健康に!
ライフスタイル・パーソナルジム
東京都渋谷区パーソナルジムFACTORY 

テキストのコピーはできません。