コンコルド広場,パリ8区


世界のアート
「一枚の絵は、千の言葉に値する」

arisienne sur la place de la Concorde
1885

Jean Béraud
1849-1935

ジャン・ベローは、ベル・エポック時代のパリの生活と社会の描写でよく知られているロシア生まれのフランス人画家です。彼のスタイルは、エドガー・ドガ、ジョヴァンニ・ボルディーニ、ジェームズ・ジャック・ジョセフ・ティソのスタイルに似ていて、アカデミックな初期の印象派です。 1849年1月12日、ロシアのサンクトペテルブルクでフランス人の両親に生まれた彼の父親は、サンクトペテルブルクの聖イサアク大聖堂で彫刻家として働いていました。父親の死後、ベロはパリで育てられるために派遣されました。彼はエコール・デ・ボザールでレオン・ジョセフ・フロレンティン・ボナに師事しました。アーティストとしてサロンでは成功を収めましたが、ベルエポックの画家への一般的な関心が少なかったためほとんど忘れられていました。現在、ベロの作品は、シカゴ美術館、ルーブル美術館、メトロポリタン美術館、ナショナルギャラリーなどのコレクションに収蔵されています。今年最後の一枚。

 

心も豊かに、身体も健康に!
ライフスタイル・パーソナルジム
東京都渋谷区パーソナルジムFACTORY 

テキストのコピーはできません。