Monthly Archives

32 Articles

◯ factory美術館

世界のアート:ウィリアム・モリス・コラボレーション家具

Posted by factorygym on

世界のアート William Morris 31
「一枚の絵は、千の言葉に値する」

Two Designs for a Sofa
1862

William Morris
1834-1896

モリスは、壁紙だけでなくソファーなどの家具もデザインしています。このソファーは、アーティストであるロセッティとの合作、今でいうコラボレーションでしょうか。フォードマドックスブラウンのために作られたソファーのデザイン画です。実際のソファーは1862年の国際展示会で展示されました。

 

心も豊かに、身体も健康に!
ライフスタイル・パーソナルジム
東京都渋谷区パーソナルジムFACTORY 

◯ factory美術館

世界のアート:ウィリアム・モリス。植物や野菜から染料を製造する天然染料

Posted by factorygym on

世界のアート William Morris 30
「一枚の絵は、千の言葉に値する」

Snakeshead pattern
1877

William Morris
1834-1896

モリスは中世のヨーロッパの芸術からインスピレーションを得たことでよく知られていますが、中東やインド亜大陸の歴史的な織物に興味を持っていることではおそらくあまり知られていません。このプリント生地は、モリスがインドから輸入された現代の綿から、特に強く対照的な赤と青で学び、花や葉の立体的な形を平らなパターンに変える方法です。モリスは、インドの綿が化学染料ではなく植物や野菜から染料を製造する天然染料で手作業で印刷されたという事実を賞賛しています。当時の英国では、ほとんどの繊維メーカーは、安価な化学染料を使用していました。モリスは化学染料の色に不満を感じ、トーマス・ワードルというシルク染色業者と天然染料を復活させます。

 

心も豊かに、身体も健康に!
ライフスタイル・パーソナルジム
東京都渋谷区パーソナルジムFACTORY 

◯ factory美術館

世界のアート:ウィリアム・モリス。Lodden。淡マートン修道院

Posted by factorygym on

世界のアート William Morris 29
「一枚の絵は、千の言葉に値する」

Lodden pattern
1884

William Morris
1834-1896

美しいLoddenは、生地のためにデザインされたもので、元々はマートン修道院でプリントされていました。 手刷りでプリントされた生地のマーク、質感、色を維持するために、細心の注意が払われています。 花と葉、背景の色やデザインは、いくつもの種類があります。

 

心も豊かに、身体も健康に!
ライフスタイル・パーソナルジム
東京都渋谷区パーソナルジムFACTORY 

◯ factory美術館

世界のアート:ウィリアム・モリス。自然と、ストーリーテリング

Posted by factorygym on

世界のアート William Morris 28
「一枚の絵は、千の言葉に値する」

Branch pattern
1872

William Morris
1834-1896

葉の総柄を単色でプリントしています。モリスは田舎で育った牧歌的な子供時代を楽しんで、兄弟とよく野原で遊んでいました。彼の自然。そしてストーリーテリングの作品の魅力は、子供時代からの野生生物や花への関心の高まりと密接に関連していて。自然への愛情は彼の作品にますます影響を与えていきます。

 

心も豊かに、身体も健康に!
ライフスタイル・パーソナルジム
東京都渋谷区パーソナルジムFACTORY 

◯ factory美術館

世界のアート:ウィリアム・モリス・淡い色の菊の花

Posted by factorygym on

世界のアート William Morris 27
「一枚の絵は、千の言葉に値する」

Chrysanthemum pattern
1877

William Morris
1834-1896

「菊」の壁紙、濃いグレーの地面の小さな金の葉の地面にして、交互左右に上向きの淡い色の菊の花を配してます。紙に木版印刷のカラーリング。

 

心も豊かに、身体も健康に!
ライフスタイル・パーソナルジム
東京都渋谷区パーソナルジムFACTORY 

◯ factory美術館

世界のアート:ウィリアム・モリス・可憐なマリーゴールドパターン

Posted by factorygym on

世界のアート William Morris 26
「一枚の絵は、千の言葉に値する」

Marigold pattern
1875

William Morris
1834-1896

単色で緻密で洗練された描写で現で描かれています。可憐なマリーゴールドの花の表情は、 無地調の柄として現在でも、いろいろな色味で幅広く使用されています。壁紙とプリント生地の組合せでコーディネートされており、時代を超えて普遍的に受け継がれています。

 

心も豊かに、身体も健康に!
ライフスタイル・パーソナルジム
東京都渋谷区パーソナルジムFACTORY 

◯ factory美術館

世界のアート:ウィリアム・モリスの娘メイ・モリス

Posted by factorygym on

世界のアート William Morris 25
「一枚の絵は、千の言葉に値する」

Honeysuckle
1874

William Morris
1834-1896

ウィリアム・モリスが描いた「スイカズラ」ハニーサックルの下書き。その後、シンメトリー(左右対称)柄の織物のデザインの中で描かれた「スイカズラ」のデザインを1983年にモリスの娘・メイモリスが描き代表作となります。女性らしい華やかさと、自然の力強さを兼ね備えた作品は、モリス商会の名作10選にも名を連ねます。メイ・モリスは、モリス商会の刺繍部門の責任者となり、彼女の描いたデザインの大部分は、本来刺繍用のものでですが、壁紙のデザインも手がけています。

 

 

心も豊かに、身体も健康に!
ライフスタイル・パーソナルジム
東京都渋谷区パーソナルジムFACTORY 

◯ factory美術館

世界のアート:庭のチューリップ

Posted by factorygym on

世界のアート William Morris 23
「一枚の絵は、千の言葉に値する」

Garden Tulip
1885

William Morris
1834-1896

庭のチューリップの壁紙の下書き。近代デザイン史上に大きな足跡を残した偉大なるインテリアデザイナー、ウィリアムモリス。イギリスの産業革命によって失われつつあった職人技術を守る「アーツ&クラフツ運動」の主宰者でもあり、自然をこよなく愛し、それらをモチーフにした美しいデザインを次々と世に送り続けました。

 

心も豊かに、身体も健康に!
ライフスタイル・パーソナルジム
東京都渋谷区パーソナルジムFACTORY 

テキストのコピーはできません。