Daily Archives

One Article

◯ factory美術館

William Morris 4 柳

Posted by factorygym on

世界のアート
「一枚の絵は、千の言葉に値する」

Willow pattern
1874

William Morris
1834-1896

Willow(柳の葉)はモリスのお気に入りのモチーフの1つであり、彼は壁紙やテキスタイルのいくつかのデザインでWillowを使用しています。
英国では16世紀から、模様を印刷した紙が壁紙として使用されてきました。 19世紀後半までには、壁紙は家庭、公共の建物で広く使用されていきます。ウィリアムモリスは、すべて自然な形に基づいた繰り返しパターンで、多くの壁紙をデザインしました。モリスの壁紙デザインの多くは、彼が直接研究した植物の形に基づいています。 トレリスやガーデンチューリップなどの彼のパターンのいくつかは、彼自身の庭の植物から描かれます。 「ウィロー」のような他のものは、彼が散歩で見た野生の花や木に触発されたものです。 1881年に彼は「パターンデザインに関するいくつかのヒント」と題した講演を行い、理想的なパターンには「庭と自然の野原が必要」であると主張しています。

 

心も豊かに、身体も健康に!
ライフスタイル・パーソナルジム
東京都渋谷区パーソナルジムFACTORY 

テキストのコピーはできません。