William Morris 10 Birdsウールタペストリー


世界のアート
「一枚の絵は、千の言葉に値する」

Birds
1878

William Morris
1834-1896

ロンドンにある彼の実家であるケルムスコットハウスの応接室の壁用に設計しました。モリスは、このタイプの生地を「織りウールタペストリー」と呼んでいましたが、技術的にはタペストリー織りではなく、二重布です。 ケルムスコットハウスのように壁装材として使用されたときのこの重いウール生地は、その時代の装飾芸術として高く評価されています。

 

心も豊かに、身体も健康に!
ライフスタイル・パーソナルジム
東京都渋谷区パーソナルジムFACTORY 

テキストのコピーはできません。