Daily Archives

One Article

◯ factory美術館

William Morris 13 ペルシャ、トルコ、イタリアの古代のパターン

Posted by factorygym on

世界のアート
「一枚の絵は、千の言葉に値する」

Ispahan
1879

William Morris
1834-1896

「イスパハン」と呼ばれるこのウール生地は、モリス商会のディアールによって作成されましたが、1896年の展示会でウィリアムモリスのデザインとして展示されました。 実際、ディアールは1888年からモリス商会が製造したテキスタイルの設計を担当し織機用に新しい繰り返しパターンを製造しています。モリス自身の作品だけでなく、歴史的パターンの研究にも影響を受けたディアールの伝統的なスタイルは、織りの技術に非常に適していました。 彼のパターンは、ペルシャ、トルコ、イタリアの古代のパターンに見られるタイプの繰り返しの工夫を使用して、強い対称的な形を示しています。

 

心も豊かに、身体も健康に!
ライフスタイル・パーソナルジム
東京都渋谷区パーソナルジムFACTORY 

テキストのコピーはできません。