Daily Archives

One Article

◯ factory美術館

世界のアート:カンディンスキー、幽霊のような列車

Posted by factorygym on

世界のアート Wassily Kandinsky 7
「一枚の絵は、千の言葉に値する」

Murnau View With Railway And Castle
1909

Wassily Kandinsky
1866-1944

カンディンスキーの勧めで、友人であるガブリエーレ・ミュンテールはムルナウに家を購入します。ムルナウの敷地のすぐ下にはミュンヘン・ガルミッシュ鉄道の線路があり、蒸気機関車の通過は日常的な光景でした。カンディンスキーの数少ない現代技術を題材にした絵の一つでありますが、ドレスデンやベルリンの表現主義やフランス印象派のような同時代の画家とは異なり、カンディンスキーは、幽霊のような手によって動かされるような列車を絵の中に取り込んでいます。素朴で、ほとんどユーモラスな描写が印象的です。おもちゃのような熱心な機関車を先頭に、巨大な黒蛇のように風景を横切る列車。無地でダークなシルエットは、周囲の色が溶け合った色調の中にはっきりと描き出されています。車輪の下で赤く揺らめく太陽の光、左端の白い煙と手を振る少女のはためくスカーフが動きを感じさせ、2本のラインパイロンがそのダイナミックさに巻き込まれているように見えます。

 

心も豊かに、身体も健康に!
ライフスタイル・パーソナルジム
東京都渋谷区パーソナルジムFACTORY 

テキストのコピーはできません。