世界のアート:カンディンスキー、アダムとイブの楽園追放


世界のアート Wassily Kandinsky 9
「一枚の絵は、千の言葉に値する」

Improvisation 27 (Garden of Love II)
1912

Wassily Kandinsky
1866-1944

カンディンスキーは、1911年には、精神的、形而上学的、神知学的アイデアに着想を得た独創的な芸術表現を確立しています。彼の抽象画は、鮮やかな色彩や具体的な造形から切り離された線描の要素などにより、鑑賞者の情緒的反応を促すことを目指しています。この作品は《インプロヴィゼーション》と題した作品で、聖書を抽象的イメージの源としています。エデンの園(愛の楽園)の物語を主題としたこの作品では、大きな黄色い太陽を中心とする牧歌的な光景が描かれていますが、散在する黒い造形がアダムとイブの楽園追放と、迫り来る第一次世界大戦を予言しているかのようです。

 

心も豊かに、身体も健康に!
ライフスタイル・パーソナルジム
東京都渋谷区パーソナルジムFACTORY 

テキストのコピーはできません。