Daily Archives

One Article

◯ factory美術館

世界のアート:カンディンスキー、芸術における精神的なものについて

Posted by factorygym on

世界のアート Wassily Kandinsky 10
「一枚の絵は、千の言葉に値する」

Lyrical
1911

Wassily Kandinsky
1866-1944

カンディンスキーは、積極的な創造性のために、ミュンヘンにアートグループ「ファランクス」を設立し、独学で学校をスタートさせました。また友人の芸術家フランツェム・マルクとともに「ブルー・ライダー」(Blaue Reiter)というグループを設立します。「ブルー・ライダー」によると、「色、線、構図の連想特性を明らかにすることにアクセントを置き、ゲーテやフィリップ・ランゲのロマンティックな色彩論、「ユーゲントシュティル」、ルドルフ・シュタイナーの神智学など、様々な資料を使用しています。同時にカンディンスキーは「芸術における精神的なものについて」という本を出版し、美術全般についての既成概念をひっくり返し、抽象主義の最初の理論的基礎となります。自然と芸術は、本質的に、有機的に、宇宙の法則に従って、様々なものであり偉大なものであり、強いものであるという考えに到達したカンディンスキーは、「精神の自己表現と自己開発」という宣言をしました。

 

心も豊かに、身体も健康に!
ライフスタイル・パーソナルジム
東京都渋谷区パーソナルジムFACTORY 

テキストのコピーはできません。