Category Archives

149 Articles

◯ factory美術館

William Morris 17 鳥と花

Posted by factorygym on

世界のアート
「一枚の絵は、千の言葉に値する」

Trellis
1862

William Morris
1834-1896

「トレリス」は、モリスの初期の壁紙パターンの典型です。モリスは、自分の家で使用する壁紙が見つからなかったため、壁紙をデザインするようになりました。彼はレッドハウスに引っ越して間もなく「トレリス」をデザインします。レッドハウスの庭園は中世風。シンプルな鳥と花と無地の背景を組み合わせています。

 

心も豊かに、身体も健康に!
ライフスタイル・パーソナルジム
東京都渋谷区パーソナルジムFACTORY 

◯ factory美術館

William Morris 15 チューリップと百合

Posted by factorygym on

世界のアート
「一枚の絵は、千の言葉に値する」

Tulip and Lily
1880

William Morris
1834-1896

機械織りのプライウール・キダーミンスタータイプのカーペット。 チューリップと百合の白い葉と緑の葉。それぞれ二つのパターンで、背景は2つの色合いになっています。

 

心も豊かに、身体も健康に!
ライフスタイル・パーソナルジム
東京都渋谷区パーソナルジムFACTORY 

◯ factory美術館

William Morris 14 美しさ、想像力、秩序

Posted by factorygym on

世界のアート
「一枚の絵は、千の言葉に値する」

Pink and Rose
1881

William Morris
1834-1896

ウィリアムモリスは、詩人であり、ステンドグラス、テキスタイル、タペストリー、家具、本のデザイナーとしての多才にもかかわらず、モリスが最もよく知られているのは壁紙です。モリスは、部屋を変えることを目指して、インスピレーションを得るために自然に目を向けました。壁紙デザイナーとしての彼の30年以上を通して、イギリスの田舎の野原と庭と花は彼の試金石となっています。ピンクとローズは、自然主義と繰り返しパターンが特徴の彼のスタイルの典型です。モリスは、美しさ、想像力、秩序(規則正しさ)が、成功するデザインの不可欠な要素であると信じています。

 

心も豊かに、身体も健康に!
ライフスタイル・パーソナルジム
東京都渋谷区パーソナルジムFACTORY 

◯ factory美術館

William Morris 13 ペルシャ、トルコ、イタリアの古代のパターン

Posted by factorygym on

世界のアート
「一枚の絵は、千の言葉に値する」

Ispahan
1879

William Morris
1834-1896

「イスパハン」と呼ばれるこのウール生地は、モリス商会のディアールによって作成されましたが、1896年の展示会でウィリアムモリスのデザインとして展示されました。 実際、ディアールは1888年からモリス商会が製造したテキスタイルの設計を担当し織機用に新しい繰り返しパターンを製造しています。モリス自身の作品だけでなく、歴史的パターンの研究にも影響を受けたディアールの伝統的なスタイルは、織りの技術に非常に適していました。 彼のパターンは、ペルシャ、トルコ、イタリアの古代のパターンに見られるタイプの繰り返しの工夫を使用して、強い対称的な形を示しています。

 

心も豊かに、身体も健康に!
ライフスタイル・パーソナルジム
東京都渋谷区パーソナルジムFACTORY 

◯ factory美術館

William Morris 12 フラワーガーデン

Posted by factorygym on

世界のアート
「一枚の絵は、千の言葉に値する」

Flower Garden
1879

William Morris
1834-1896

フラワーガーデンは、シルクで作られた模様です。「染色と織りは、風の中にあり、花畑のように美しく」といっています。 モリスは、象眼細工の金属のような美しさを表現するために色を選んだとしています。ロンドンのディーラーショップで学んだダマスカスのアイテムに影響を受けています。

 

心も豊かに、身体も健康に!
ライフスタイル・パーソナルジム
東京都渋谷区パーソナルジムFACTORY 

◯ factory美術館

William Morris 10 Birdsウールタペストリー

Posted by factorygym on

世界のアート
「一枚の絵は、千の言葉に値する」

Birds
1878

William Morris
1834-1896

ロンドンにある彼の実家であるケルムスコットハウスの応接室の壁用に設計しました。モリスは、このタイプの生地を「織りウールタペストリー」と呼んでいましたが、技術的にはタペストリー織りではなく、二重布です。 ケルムスコットハウスのように壁装材として使用されたときのこの重いウール生地は、その時代の装飾芸術として高く評価されています。

 

心も豊かに、身体も健康に!
ライフスタイル・パーソナルジム
東京都渋谷区パーソナルジムFACTORY 

◯ factory美術館

William Morris 9 赤とオレンジ系のウールとモヘア

Posted by factorygym on

世界のアート
「一枚の絵は、千の言葉に値する」

Violet and Columbine
1885

William Morris
1834-1896

ブロックプリントの家具生地、紺地に緑の葉のプリント、赤とオレンジ系の色調のウールとモヘアの織物です。

 

心も豊かに、身体も健康に!
ライフスタイル・パーソナルジム
東京都渋谷区パーソナルジムFACTORY 

◯ factory美術館

William Morris 8 英国のテキスタイルアートの復活

Posted by factorygym on

世界のアート
「一枚の絵は、千の言葉に値する」

Tulip
1885

William Morris
1834-1896

ウィリアム・モリスは、詩人、小説家、翻訳者、そして英国のテキスタイルデザイナー、アーツアンドクラフツ運動に関連する社会主義活動家です。 彼は伝統的な英国のテキスタイルアートの復活に大きく貢献しました。 モリスは生涯、壁紙、テキスタイル、刺繡のデザインを600以上、ステンドグラスの窓、書体、ボーダーと装飾品のデザインを制作しています。

 

心も豊かに、身体も健康に!
ライフスタイル・パーソナルジム
東京都渋谷区パーソナルジムFACTORY 

◯ factory美術館

William Morris 7 アールヌーボーの予兆

Posted by factorygym on

世界のアート
「一枚の絵は、千の言葉に値する」

Kennet pattern
1883

William Morris
1834-1896

ウィリアムモリスは、モダンデザインの先駆者の一人として過去の芸術品や工芸品から多くのインスピレーションを得ています。ビクトリア朝の工業的なテキスタイルの多くは、デザインと技術の両方に欠けていることに気づき、タペストリーから刺繡まで、デザインと技術を研究するようになります。この知識により、彼はニーズに応えながらデザインと技術を向上させます。このケネットのデザインは、壁紙、シルクの織物、プリント生地に使用され、それぞれの素材に適した色の組み合わせ試行しています。ウィリアムモリスは、アールヌーボーの予兆でもあります。

 

心も豊かに、身体も健康に!
ライフスタイル・パーソナルジム
東京都渋谷区パーソナルジムFACTORY 

テキストのコピーはできません。