Category Archives

65 Articles

◯ factory美術館

ポール・セザンヌ,The Bathers,渋谷パーソナルジムWEB美術館

Posted by factorygym on

世界のアート
「一枚の絵は、千の言葉に値する」
東京都渋谷区パーソナルジムFACTORY 

The Bathers
1899–1904
Paul Cézanne
ポール・セザンヌ

フランスの芸術家で印象派のグループの一員として活動していたが、1880年代からグループを離れ、伝統的な絵画の約束事にとらわれない独自の絵画様式を探求した。ポスト印象派の画家であり、その作品は19世紀の芸術的試みの概念から20世紀の根本的に異なる芸術の世界への移行の基礎を築きました。ピカソなどのキュビズムをはじめとする20世紀の美術に多大な影響を与えたことから、近代絵画の父といわれています。

 

心も豊かに、身体も健康に!
ライフスタイル・パーソナルジムFACTORY 

東京都渋谷区パーソナルジムFACTORY 

◯ factory美術館

渋谷 パーソナルジムWEB美術館,ポール・セザンヌ,Harlequin

Posted by factorygym on

世界のアート
「一枚の絵は、千の言葉に値する」
東京都渋谷区パーソナルジムFACTORY 

Harlequin
道化師
1888–1890
Paul Cézanne
ポール・セザンヌ

ハーレクインの伝統的なダイヤモンド模様の衣装、バイコーンハット、そして道化師を表す木製の剣。鮮やかな赤の配色と豊かな表面の質感は、ハーレクインの劇場の起源にふさわしいものですが、セザンヌは孤独な人物のはかなさを強調しました。

 

心も豊かに、身体も健康に!
ライフスタイル・パーソナルジムFACTORY 

東京都渋谷区パーソナルジムFACTORY 

◯ factory美術館

渋谷 パーソナルジムWEB美術館,ポール・セザンヌ,The Basket of Apples

Posted by factorygym on

世界のアート
「一枚の絵は、千の言葉に値する」
東京都渋谷区パーソナルジムFACTORY 

The Basket of Apples
1893
Paul Cézanne
ポール・セザンヌ

ポールセザンヌの静物画で、シカゴ美術館に所蔵されています。この作品は「バラバラな視点」として知られています。バラバラな視点でありながらバランスが取れた構成。わかりますか?難しいですね。

 

心も豊かに、身体も健康に!
ライフスタイル・パーソナルジムFACTORY 

東京都渋谷区パーソナルジムFACTORY 

◯ factory美術館

渋谷 パーソナルジムWEB美術館,ポール・セザンヌ,House of Père Lacroix

Posted by factorygym on

世界のアート
「一枚の絵は、千の言葉に値する」
東京都渋谷区パーソナルジムFACTORY 

House of Père Lacroix
1873
Paul Cézanne
ポール・セザンヌ

セザンヌの暗いパレットナイフを明るくするために、三原色を主に使用するようにとカミーユ・ピサロから助言されて描いた作品。精巧な署名と日付は、セザンヌの作品では珍しいもので、印象派の公開展のために絵画とされています。セザンヌは、パリ近郊のオーヴェルの村に移り、そこでこの風景を描きました。それはカミーユ・ピサロの家の近くにあり、2人は1873年と1874年に並んで絵を描くことがよくあったようです。

 

心も豊かに、身体も健康に!
ライフスタイル・パーソナルジムFACTORY 

東京都渋谷区パーソナルジムFACTORY 

◯ factory美術館

渋谷 パーソナルジムWEB美術館,Rose bush,ジュリー・デ・グラーグ

Posted by factorygym on

世界のアート
「一枚の絵は、千の言葉に値する」
東京都渋谷区パーソナルジムFACTORY 

Rose bush
1919
Julie de Graag
ジュリー・デ・グラーグ

ジュリー・デ・グラーグは花、動物の研究を好み、主に動物、植物などの木版画の作品を作った。 アールヌーボースタイルで落ち着いていて洗練された作品です。 彼女は、そのコントラストの強さを表現するために作業が難しいエンドグレインを使用しています。

 

心も豊かに、身体も健康に!
ライフスタイル・パーソナルジムFACTORY 

東京都渋谷区パーソナルジムFACTORY 

◯ factory美術館

渋谷 パーソナルジムWEB美術館,,Winter,ジュリー・デ・グラーグ

Posted by factorygym on

世界のアート
「一枚の絵は、千の言葉に値する」
東京都渋谷区パーソナルジムFACTORY 

Winter
(1920)
Julie de Graag
ジュリー・デ・グラーグ

ジュリー・デ・グラーグは花、動物の研究を好み、主に動物、植物などの木版画の作品を作った。 アールヌーボースタイルで落ち着いていて洗練された作品です。 彼女は、そのコントラストの強さを表現するために作業が難しいエンドグレインを使用しています。

 

心も豊かに、身体も健康に!
ライフスタイル・パーソナルジムFACTORY 

東京都渋谷区パーソナルジムFACTORY 

体験
テキストのコピーはできません。