Category Archives

182 Articles

◯ factory美術館

William Morris 9 赤とオレンジ系のウールとモヘア

Posted by factorygym on

世界のアート
「一枚の絵は、千の言葉に値する」

Violet and Columbine
1885

William Morris
1834-1896

ブロックプリントの家具生地、紺地に緑の葉のプリント、赤とオレンジ系の色調のウールとモヘアの織物です。

 

心も豊かに、身体も健康に!
ライフスタイル・パーソナルジム
東京都渋谷区パーソナルジムFACTORY 

◯ factory美術館

アーツ・アンド・クラフツ運動William Morris 8 英国のテキスタイルアートの復活

Posted by factorygym on

世界のアート
「一枚の絵は、千の言葉に値する」

Tulip
1885

William Morris
1834-1896

ウィリアム・モリスは、詩人、小説家、翻訳者、そして英国のテキスタイルデザイナー、アーツアンドクラフツ運動に関連する社会主義活動家です。 彼は伝統的な英国のテキスタイルアートの復活に大きく貢献しました。 モリスは生涯、壁紙、テキスタイル、刺繡のデザインを600以上、ステンドグラスの窓、書体、ボーダーと装飾品のデザインを制作しています。

 

心も豊かに、身体も健康に!
ライフスタイル・パーソナルジム
東京都渋谷区パーソナルジムFACTORY 

◯ factory美術館

William Morris 7 アールヌーボーの予兆

Posted by factorygym on

世界のアート
「一枚の絵は、千の言葉に値する」

Kennet pattern
1883

William Morris
1834-1896

ウィリアムモリスは、モダンデザインの先駆者の一人として過去の芸術品や工芸品から多くのインスピレーションを得ています。ビクトリア朝の工業的なテキスタイルの多くは、デザインと技術の両方に欠けていることに気づき、タペストリーから刺繡まで、デザインと技術を研究するようになります。この知識により、彼はニーズに応えながらデザインと技術を向上させます。このケネットのデザインは、壁紙、シルクの織物、プリント生地に使用され、それぞれの素材に適した色の組み合わせ試行しています。ウィリアムモリスは、アールヌーボーの予兆でもあります。

 

心も豊かに、身体も健康に!
ライフスタイル・パーソナルジム
東京都渋谷区パーソナルジムFACTORY 

◯ factory美術館

William Morris 5 デイジー壁紙パターン

Posted by factorygym on

世界のアート
「一枚の絵は、千の言葉に値する」

Daisy pattern
1864

William Morris
1834-1896

デイジー壁紙パターン、植物の繰り返しパターン、赤と黄色の花、草を連想させる地面。紙に絵具の色でブロック印刷されています。裏面にはタイトル、番号、価格がインクで刻まれています。

 

心も豊かに、身体も健康に!
ライフスタイル・パーソナルジム
東京都渋谷区パーソナルジムFACTORY 

◯ factory美術館

William Morris 4 柳

Posted by factorygym on

世界のアート
「一枚の絵は、千の言葉に値する」

Willow pattern
1874

William Morris
1834-1896

Willow(柳の葉)はモリスのお気に入りのモチーフの1つであり、彼は壁紙やテキスタイルのいくつかのデザインでWillowを使用しています。
英国では16世紀から、模様を印刷した紙が壁紙として使用されてきました。 19世紀後半までには、壁紙は家庭、公共の建物で広く使用されていきます。ウィリアムモリスは、すべて自然な形に基づいた繰り返しパターンで、多くの壁紙をデザインしました。モリスの壁紙デザインの多くは、彼が直接研究した植物の形に基づいています。 トレリスやガーデンチューリップなどの彼のパターンのいくつかは、彼自身の庭の植物から描かれます。 「ウィロー」のような他のものは、彼が散歩で見た野生の花や木に触発されたものです。 1881年に彼は「パターンデザインに関するいくつかのヒント」と題した講演を行い、理想的なパターンには「庭と自然の野原が必要」であると主張しています。

 

心も豊かに、身体も健康に!
ライフスタイル・パーソナルジム
東京都渋谷区パーソナルジムFACTORY 

◯ factory美術館

William Morris 3 葡萄

Posted by factorygym on

世界のアート
「一枚の絵は、千の言葉に値する」

Vine pattern
1873

William Morris
1834-1896

ヴァインは、葡萄の房に、つるが絡まるデザインと、繊細なタッチで描かれた葉の背景パターンとの組み合わせで格調高い雰囲気を醸し出しています。

 

心も豊かに、身体も健康に!
ライフスタイル・パーソナルジム
東京都渋谷区パーソナルジムFACTORY 

◯ factory美術館

William Morris 2 葉のある花

Posted by factorygym on

世界のアート
「一枚の絵は、千の言葉に値する」

Larkspur pattern
1874

William Morris
1834-1896

ラークスパーの壁紙、花のある葉状のデザイン。紙に絵具の色でブロック印刷されています。壁紙パターンの一部で、布製のカバーが付いたディスプレイスタンドに取り付けられています。

 

心も豊かに、身体も健康に!
ライフスタイル・パーソナルジム
東京都渋谷区パーソナルジムFACTORY 

◯ factory美術館

謹賀新年 William Morris

Posted by factorygym on

世界のアート
「一枚の絵は、千の言葉に値する」

Daisy pattern
1862)

William Morris
1834-1896

ウィリアムモリスは、英国の建築家、家具およびテキスタイルデザイナー、芸術家、作家です。彼はロンドンで生まれで建築を習い、1856年にはオックスフォードとケンブリッジマガジンを設立します。 1861年、モリスは芸術家のエドワードバーンジョーンズと詩人で芸術家のダンテゲイブリエルロセッティと提携してデザイン会社を設立。これは、20世紀初頭の教会や家の装飾に大きな影響を与えます。デザイナーとしては、自然の綿密な観察に基づいた壁紙やテキスタイルの繰り返しパターンデザイナ。伝統的なテキスタイルアート方法の復活にも大きく貢献しています。

 

心も豊かに、身体も健康に!
ライフスタイル・パーソナルジム
東京都渋谷区パーソナルジムFACTORY 

◯ factory美術館

コンコルド広場,パリ8区

Posted by factorygym on

世界のアート
「一枚の絵は、千の言葉に値する」

arisienne sur la place de la Concorde
1885

Jean Béraud
1849-1935

ジャン・ベローは、ベル・エポック時代のパリの生活と社会の描写でよく知られているロシア生まれのフランス人画家です。彼のスタイルは、エドガー・ドガ、ジョヴァンニ・ボルディーニ、ジェームズ・ジャック・ジョセフ・ティソのスタイルに似ていて、アカデミックな初期の印象派です。 1849年1月12日、ロシアのサンクトペテルブルクでフランス人の両親に生まれた彼の父親は、サンクトペテルブルクの聖イサアク大聖堂で彫刻家として働いていました。父親の死後、ベロはパリで育てられるために派遣されました。彼はエコール・デ・ボザールでレオン・ジョセフ・フロレンティン・ボナに師事しました。アーティストとしてサロンでは成功を収めましたが、ベルエポックの画家への一般的な関心が少なかったためほとんど忘れられていました。現在、ベロの作品は、シカゴ美術館、ルーブル美術館、メトロポリタン美術館、ナショナルギャラリーなどのコレクションに収蔵されています。今年最後の一枚。

 

心も豊かに、身体も健康に!
ライフスタイル・パーソナルジム
東京都渋谷区パーソナルジムFACTORY 

テキストのコピーはできません。