News.Blog

423 Articles

◯ factory美術館

世界のアート:カンディンスキー、アダムとイブの楽園追放

Posted by factorygym on

世界のアート Wassily Kandinsky 9
「一枚の絵は、千の言葉に値する」

Improvisation 27 (Garden of Love II)
1912

Wassily Kandinsky
1866-1944

カンディンスキーは、1911年には、精神的、形而上学的、神知学的アイデアに着想を得た独創的な芸術表現を確立しています。彼の抽象画は、鮮やかな色彩や具体的な造形から切り離された線描の要素などにより、鑑賞者の情緒的反応を促すことを目指しています。この作品は《インプロヴィゼーション》と題した作品で、聖書を抽象的イメージの源としています。エデンの園(愛の楽園)の物語を主題としたこの作品では、大きな黄色い太陽を中心とする牧歌的な光景が描かれていますが、散在する黒い造形がアダムとイブの楽園追放と、迫り来る第一次世界大戦を予言しているかのようです。

 

心も豊かに、身体も健康に!
ライフスタイル・パーソナルジム
東京都渋谷区パーソナルジムFACTORY 

◯ factory美術館

世界のアート:カンディンスキー、抽象的なヴィジョンへと移行

Posted by factorygym on

世界のアート Wassily Kandinsky 8
「一枚の絵は、千の言葉に値する」

Landscape with Factory Chimney
1910

Wassily Kandinsky
1866-1944

カンディンスキーはムルナウの風景からインスピレーションを得て風景画を制作し続けましたが、次第に現実を観察することから離れ、より抽象的なヴィジョンへと移行していきます。形や色も単純化されています。バイエルンの民族芸術、あるいは子供の絵を思わせるような効果を生み出しています。カンディンスキーは、子供たちには物事の内なる生命をナイーブに、知らず知らずのうちに表現する力があると信じていました。

 

心も豊かに、身体も健康に!
ライフスタイル・パーソナルジム
東京都渋谷区パーソナルジムFACTORY 

◯ factory美術館

世界のアート:カンディンスキー、幽霊のような列車

Posted by factorygym on

世界のアート Wassily Kandinsky 7
「一枚の絵は、千の言葉に値する」

Murnau View With Railway And Castle
1909

Wassily Kandinsky
1866-1944

カンディンスキーの勧めで、友人であるガブリエーレ・ミュンテールはムルナウに家を購入します。ムルナウの敷地のすぐ下にはミュンヘン・ガルミッシュ鉄道の線路があり、蒸気機関車の通過は日常的な光景でした。カンディンスキーの数少ない現代技術を題材にした絵の一つでありますが、ドレスデンやベルリンの表現主義やフランス印象派のような同時代の画家とは異なり、カンディンスキーは、幽霊のような手によって動かされるような列車を絵の中に取り込んでいます。素朴で、ほとんどユーモラスな描写が印象的です。おもちゃのような熱心な機関車を先頭に、巨大な黒蛇のように風景を横切る列車。無地でダークなシルエットは、周囲の色が溶け合った色調の中にはっきりと描き出されています。車輪の下で赤く揺らめく太陽の光、左端の白い煙と手を振る少女のはためくスカーフが動きを感じさせ、2本のラインパイロンがそのダイナミックさに巻き込まれているように見えます。

 

心も豊かに、身体も健康に!
ライフスタイル・パーソナルジム
東京都渋谷区パーソナルジムFACTORY 

◯ factory美術館

世界のアート:カンディンスキー、ブルー・ライダー

Posted by factorygym on

世界のアート Wassily Kandinsky 6
「一枚の絵は、千の言葉に値する」

Blue Mountain
1909

Wassily Kandinsky
1866-1944

カンディンスキーは、馬のモチーフを用いて、従来の美的価値観に対するより良い精神的な未来を夢見ていました。騎手は、木版画、テンペラ、油彩画など多くの作品に登場していますが、世紀の変わり目にロシアで描かれた民族画から、抽象的な風景画に至るまで、騎手は登場しています。また、カンディンスキーとフランツ・マルクと共同編集した同時代の『ブルー・ライダー・アルマナック』の表紙デザインにも馬が使われています。ブルー・マウンテンを完成させた1909年には、カンディンスキーは他にもライダーのイメージを描いています。この年、カンディンスキーの作風は徐々に抽象的な表現になり、彼のテーマは自然の出来事の描写から抽象的な物語へと変化していきます。

 

心も豊かに、身体も健康に!
ライフスタイル・パーソナルジム
東京都渋谷区パーソナルジムFACTORY 

◯ factory美術館

世界のアート:カンディンスキー、感情や雰囲気で描いた作品

Posted by factorygym on

世界のアート Wassily Kandinsky 5
「一枚の絵は、千の言葉に値する」

Munich-Schwabing with the Church of St.Ursura
1908

Wassily Kandinsky
1866-1944

カンディンスキーが正確な筆と鮮やかな色彩が好みだったことを物語っています。カンディンスキーは、この絵画の中でどのような表現をするかについて、技術やディテールではなく、感情や雰囲気を伝える方法とされています。この作品、聖ウルスラ教会のあるミュンヘン・シュヴァービンでのカンディンスキーの強さは、強烈な色彩を使うことにあります。キャンバスに乱雑さや過剰な境界線を使用することなく、自由さと流動性を生み出しました。カンディンスキーには多くの画風がありますが、この作品では、キャンバス上のアイテムを区別するために線を使うことはありませんでした。

 

心も豊かに、身体も健康に!
ライフスタイル・パーソナルジム
東京都渋谷区パーソナルジムFACTORY 

◯ factory美術館

世界のアート:カンディンスキー、抽象美術の表現主義運動

Posted by factorygym on

世界のアート Wassily Kandinsky 4
「一枚の絵は、千の言葉に値する」

Riding Couple
1906

Wassily Kandinsky
1866-1944

乗馬のカップルは、抽象美術の表現主義運動を起こしたカンディンスキーの初期の作品です。モスクワを思わせる黄金色のドームを持つ教会と、ロシアの伝統的な衣装を身にまとったカップルが馬に乗って抱き合う姿が描かれ、川沿いの美しい街が描かれています。暗い背景に描かれたモザイクのような技法だからこそ思わせるロマンティックな絵画です。

 

心も豊かに、身体も健康に!
ライフスタイル・パーソナルジム
東京都渋谷区パーソナルジムFACTORY 

◯ factory美術館

世界のアート:カンディンスキー、印象派から近代抽象美術へ

Posted by factorygym on

世界のアート Wassily Kandinsky 3
「一枚の絵は、千の言葉に値する」

the blue rider
1903

Wassily Kandinsky
1866-1944

ブルーライダーは、1903年にロシアからの移住者であるワシーリー・カンディンスキーがバイエルン州で描いた油彩画です。青いマントに身を包んだ騎手が、森を背景に白馬に乗って草原を疾走する姿が描かれています。この絵自体は目立ちませんが、カンディンスキーが印象派から近代抽象美術へと移行していく上で重要なマイルストーンとなる作品です。カンディンスキーの最後の印象派の作品の一つであり、後に彼が得意とする抽象主義の初期の兆候が含まれています。特に青という色は、彼にとって精神的な意味を持つことになります。のちの1911年、カンディンスキーが共同で設立した進歩的な芸術家のグループにも(Der Blaue Reiter)the blue rider と名付けました。

 

心も豊かに、身体も健康に!
ライフスタイル・パーソナルジム
東京都渋谷区パーソナルジムFACTORY 

◯ factory美術館

世界のアート:カンディンスキー、秋のアクルチカ風景

Posted by factorygym on

世界のアート Wassily Kandinsky 2
「一枚の絵は、千の言葉に値する」

Akhtyrka autumn
1901

Wassily Kandinsky
1866-1944

秋のアクルチカ風景。ミュンヘン、レンバッハハウスの市立ギャラリーレンバッハハウス美術館所蔵

 

心も豊かに、身体も健康に!
ライフスタイル・パーソナルジム
東京都渋谷区パーソナルジムFACTORY 

◯ factory美術館

世界のアート:カンディンスキー、初期の作品、オデッサ港。法学部の教授から画家へ

Posted by factorygym on

世界のアート Wassily Kandinsky 1
「一枚の絵は、千の言葉に値する」

Odessa Port
1898

Wassily Kandinsky
1866-1944

オデッサ港と題されたこの絵は、抽象的なスタイルの芸術に移行する前の初期の作品です。この絵は1898年に制作されたもので、キャンバスに油彩で描かれています。この時期の作品は伝統的な作品です。この作品は、抽象的な作品を描く8年前に描かれたものですが、作品は芸術家として発展するにつれて徐々に抽象的なものになっていきます。インスピレーションの源は、幼少期に学んだウクライナ南部の都市オデッサ港です。この作品は印象派に属するもので、被写体ははっきりとしていますが、筆の動きは正確ではなく、シーンの光を捉えることを重視しています。

 

ワシリー・カンディンスキー

ワシリー・カンディンスキーは、ロシア出身の画家で、美術理論家でもありました。抽象絵画の創始者とも言われます。カンディンスキーは、モスクワで紅茶工場を経営する実業家の裕福な家庭に生まれました。カンディンスキーは、コーチのもとで絵を描くようになります。モスクワ大学の法学部に入学し優等で卒業し、法学部の准教授となり教壇を取ります。その後、法学部の教授に任命されます。しかし、教育のキャリアを捨てて完全に絵画に専念することを決めます。後にカンディンスキーは、1895年にモスクワで開催されたフランス印象派の展覧会を訪れたことと、モネの花びらとワーグナーのロヘングリンに衝撃を受けたことが、この決断に影響を与えたと回想しています。1896年、ミュンヘンに渡り、名門私立絵画学校で絵画を学びます。その後、若い画家ガブリエラ・ムンターと知り合い、以後5年間ヨーロッパ各地を旅し、絵画活動や展覧会に参加しました。バイエルンに戻り、アルプスの麓の小さな町ムルナウに定住。それが、実りある探求の段階の始まりでとされています。法学部の教授から画家になることもあるんですね。

 

心も豊かに、身体も健康に!
ライフスタイル・パーソナルジム
東京都渋谷区パーソナルジムFACTORY 

◯ factory美術館

世界のアート:ウィリアム・モリス・コラボレーション家具

Posted by factorygym on

世界のアート William Morris 31
「一枚の絵は、千の言葉に値する」

Two Designs for a Sofa
1862

William Morris
1834-1896

モリスは、壁紙だけでなくソファーなどの家具もデザインしています。このソファーは、アーティストであるロセッティとの合作、今でいうコラボレーションでしょうか。フォードマドックスブラウンのために作られたソファーのデザイン画です。実際のソファーは1862年の国際展示会で展示されました。

 

心も豊かに、身体も健康に!
ライフスタイル・パーソナルジム
東京都渋谷区パーソナルジムFACTORY 

テキストのコピーはできません。