News.Blog

405 Articles

◯ News/Blog/◯ 代々木上原 散歩

代々木上原カーサ・ヴェッキア

Posted by factorygym on

代々木上原のイタリアンレストラン。

Trattoria Casa Vecchia

カーサ・ヴェッキアとは、イタリア語で「古い家」

イタリアの古い家という意味合いもあってか、

内装や家具など細かい所まで、こだわりがあってセンスがいい。

イタリアで修行したシェフが腕を振るう、

ちょっと落ちつける隠れ家のような、おいしいお店です。

http://www.casa-vecchia.jp/

 

 

 

 

 

 

 

パスタの起源は、イタリアでも諸説あり定かではないようですが、

麺にソースを絡めて食べる現在のパスタ料理が普及したのは17世紀のイタリア。

新大陸(南米)から来たトマトとパスタの融合から始まったようです。

日本で初めてパスタが作られたのは明治16年頃の長崎。

一般化したのは昭和30年代以降、ま、つい最近ってことですね。

 

◯ factory美術館

謹賀新年 William Morris

Posted by factorygym on

世界のアート
「一枚の絵は、千の言葉に値する」

Daisy pattern
1862)

William Morris
1834-1896

ウィリアムモリスは、英国の建築家、家具およびテキスタイルデザイナー、芸術家、作家です。彼はロンドンで生まれで建築を習い、1856年にはオックスフォードとケンブリッジマガジンを設立します。 1861年、モリスは芸術家のエドワードバーンジョーンズと詩人で芸術家のダンテゲイブリエルロセッティと提携してデザイン会社を設立。これは、20世紀初頭の教会や家の装飾に大きな影響を与えます。デザイナーとしては、自然の綿密な観察に基づいた壁紙やテキスタイルの繰り返しパターンデザイナ。伝統的なテキスタイルアート方法の復活にも大きく貢献しています。

 

心も豊かに、身体も健康に!
ライフスタイル・パーソナルジム
東京都渋谷区パーソナルジムFACTORY 

◯ factory美術館

コンコルド広場,パリ8区

Posted by factorygym on

世界のアート
「一枚の絵は、千の言葉に値する」

arisienne sur la place de la Concorde
1885

Jean Béraud
1849-1935

ジャン・ベローは、ベル・エポック時代のパリの生活と社会の描写でよく知られているロシア生まれのフランス人画家です。彼のスタイルは、エドガー・ドガ、ジョヴァンニ・ボルディーニ、ジェームズ・ジャック・ジョセフ・ティソのスタイルに似ていて、アカデミックな初期の印象派です。 1849年1月12日、ロシアのサンクトペテルブルクでフランス人の両親に生まれた彼の父親は、サンクトペテルブルクの聖イサアク大聖堂で彫刻家として働いていました。父親の死後、ベロはパリで育てられるために派遣されました。彼はエコール・デ・ボザールでレオン・ジョセフ・フロレンティン・ボナに師事しました。アーティストとしてサロンでは成功を収めましたが、ベルエポックの画家への一般的な関心が少なかったためほとんど忘れられていました。現在、ベロの作品は、シカゴ美術館、ルーブル美術館、メトロポリタン美術館、ナショナルギャラリーなどのコレクションに収蔵されています。今年最後の一枚。

 

心も豊かに、身体も健康に!
ライフスタイル・パーソナルジム
東京都渋谷区パーソナルジムFACTORY 

◯ factory美術館

晴れた日、水路の風車

Posted by factorygym on

世界のアート
「一枚の絵は、千の言葉に値する」

‘Sunny Day’, a Windmill on a Waterway

Paul Joseph Constantin Gabriël
1828 – 1903

ポール・ガブリエルはアムステルダムで生まれました。彫刻家である彼の父は、彼が5歳のときに亡くなりました。若いポールは、肖像画を描くことで母親が家族を支えるのを手伝いました。アムステルダムのアカデミーで、バレンドコルネリスコエクを含むさまざまな教師と働きました。 1853年から1856年まで、彼はアーネム近くのオーステルベークの村に住みアントン・モーヴやヘラルト・ビルダースなどの仲間のアーティストとともに、彼は自然の描写を主にしています。ガブリエルは、製粉所や湖のある干拓地の風景など、典型的なオランダの主題を描き続けました。ハーグ学校の他の芸術家とは異なり、彼はクリアで鮮やかな色を使用しています。

 

心も豊かに、身体も健康に!
ライフスタイル・パーソナルジム
東京都渋谷区パーソナルジムFACTORY 

◯ factory美術館

2本の木のある風景

Posted by factorygym on

世界のアート
「一枚の絵は、千の言葉に値する」

Landscape with two Trees
1860 – 1867

Paul Joseph Constantin Gabriël
1828 – 1903

ポール・ガブリエルはアムステルダムで生まれました。彫刻家である彼の父は、彼が5歳のときに亡くなりました。若いポールは、肖像画を描くことで母親が家族を支えるのを手伝いました。アムステルダムのアカデミーで、バレンドコルネリスコエクを含むさまざまな教師と働きました。 1853年から1856年まで、彼はアーネム近くのオーステルベークの村に住みアントン・モーヴやヘラルト・ビルダースなどの仲間のアーティストとともに、彼は自然の描写を主にしています。ガブリエルは、製粉所や湖のある干拓地の風景など、典型的なオランダの主題を描き続けました。ハーグ学校の他の芸術家とは異なり、彼はクリアで鮮やかな色を使用しています。

 

心も豊かに、身体も健康に!
ライフスタイル・パーソナルジム
東京都渋谷区パーソナルジムFACTORY 

◯ factory美術館

霧の朝の農家

Posted by factorygym on

世界のアート
「一枚の絵は、千の言葉に値する」

A Windmill on a Polder Waterway, Known as ‘In the Month of July’
1889

Paul Joseph Constantin Gabriël
1828 – 1903

ポール・ガブリエルはアムステルダムで生まれました。彫刻家である彼の父は、彼が5歳のときに亡くなりました。若いポールは、肖像画を描くことで母親が家族を支えるのを手伝いました。アムステルダムのアカデミーで、バレンドコルネリスコエクを含むさまざまな教師と働きました。 1853年から1856年まで、彼はアーネム近くのオーステルベークの村に住みアントン・モーヴやヘラルト・ビルダースなどの仲間のアーティストとともに、彼は自然の描写を主にしています。ガブリエルは、製粉所や湖のある干拓地の風景など、典型的なオランダの主題を描き続けました。ハーグ学校の他の芸術家とは異なり、彼はクリアで鮮やかな色を使用しています。

 

心も豊かに、身体も健康に!
ライフスタイル・パーソナルジム
東京都渋谷区パーソナルジムFACTORY 

◯ factory美術館

水路の風車

Posted by factorygym on

世界のアート
「一枚の絵は、千の言葉に値する」

A Windmill on a Polder Waterway, Known as ‘In the Month of July’
1889

Paul Joseph Constantin Gabriël
1828 – 1903

ポール・ガブリエルはアムステルダムで生まれました。彫刻家である彼の父は、彼が5歳のときに亡くなりました。若いポールは、肖像画を描くことで母親が家族を支えるのを手伝いました。アムステルダムのアカデミーで、バレンドコルネリスコエクを含むさまざまな教師と働きました。 1853年から1856年まで、彼はアーネム近くのオーステルベークの村に住みアントン・モーヴやヘラルト・ビルダースなどの仲間のアーティストとともに、彼は自然の描写を主にしています。ガブリエルは、製粉所や湖のある干拓地の風景など、典型的なオランダの主題を描き続けました。ハーグ学校の他の芸術家とは異なり、彼はクリアで鮮やかな色を使用しています。

 

心も豊かに、身体も健康に!
ライフスタイル・パーソナルジム
東京都渋谷区パーソナルジムFACTORY 

テキストのコピーはできません。